2019.042019年4月の子どもたちの様子


緑が目にしみる季節になりました。
新入園児が入園して一ヶ月。保育園にも徐々に慣れてきて、今は自分から進んでいろいろな遊びを見つけられるようになってきました。

天気の良い日には、戸外遊びや散歩で元気に泳ぐ鯉のぼりを見つけて大喜びの子供たちです。
この時期は、朝晩の気温差が大きく、体調を崩しがちですし、そろそろ疲れが出る頃でもありますので、子ども達の健康管理には十分留意して保育を進めていきたいと思います。

また今年のGWは10連休と長い休みとなりますので、お子さんの体調に合わせて無理のないよう、健康管理には十分気を配っていただきますようお願い致します。

ちゅうりっぷ組(0歳児)

新しい環境になり、初めは泣いていた子ども達も少しずつ担任や園での生活に慣れ、よく遊べるようになってきました。落ち着いて過ごせるようになってきたので、4月中旬からは朝の会を始めました。椅子や股付き椅子に座り歌や挨拶、季節の歌を歌います。初めは、椅子に座るのも嫌がっていましたが、歌い始めるとじっと保育士を見て、知っている歌を耳にすると手を叩いたり、体を揺らしてリズムをとったり楽しそうに参加する姿がみられるようになってきました。

また、天気の良い日には戸外に出ると、レジャーシートの上で機嫌よく外気浴をしたり、砂の感触を確かめたり、ボールをハイハイで追いかけたり、活発に遊ぶ姿が見らるようになってきました。戸外でも沢山遊べるようになってきたので、5月にはたくさん散歩に出かけようと思います。休み明けは泣いてしまうかもしれませんが、子ども達のペースに合わせてのんびり過ごして行きたいと思います。


ちゅうりっぷ組 2019年4月
ちゅうりっぷ組 2019年4月

ひまわり組(1歳児)

最初は新しい環境に緊張気味の子や旧担任を求める姿が見られたひまわり組。今年度は新入園児も多く、泣いてしまう子につられてしまうこともありました。

新入園児にとっても親と離れて過ごす初めての環境。生活の一つひとつが初めての経験で最初は泣いている子が多くみられました。
しかし、どの子も日に日に慣れたくさん笑顔がみられるようになりました。保育士と一緒に好きな遊びを見つけ、給食では自ら進んで食べたり、布団で寝られるようになり、園生活を楽しむ姿がみられるようになりました。

戸外遊びや散歩が好きな子が多いので5月はいろいろなところに出掛けられるようにしていきたいと思います。


ひまわり組 2019年4月
ひまわり組 2019年4月

たんぽぽ組(2歳児)

新しいクラスに戸惑ってしまう子はほとんど見られず、新しい部屋や目新しい玩具に興味深々でした。また、進級したことにより、身の回りの事を自分たちで頑張って行う姿もたくさん見られています。新入園児のお友だちも日に日にクラスに慣れ、生活の流れが分かるようになってきました。

4月はお天気も良く、たくさん散歩に出掛ける事が出来ました。
タンポポやツクシ、ペンペン草など春の草花に触れたり、桜の木の下でお花見したりと春を沢山感じる事が出来ました。

また、手や足に絵の具をつけ、大きな鯉のぼりを皆で製作しました。絵の具の感触を楽しみながら喜んで行う姿が見られました。ホールに飾られた大きな鯉のぼりを見て「足でペタペタしたよね」「手にぬりぬりってしたよ」と話してくれました。5月もいろいろな事を経験しながら、楽しく過ごしていきたいと思います。

たんぽぽ組 2019年4月


すずらん組(一時保育)

一時預かりのすずらん組は異年齢児混合クラスです。

4月から新しく入ったお友達は登園時、保護者の方と離れる際泣いてしまうこともありましたが、保育室では自分のお気に入りのおもちゃで遊んだり、保育士とスキンシップを図りながら段々と園生活にも慣れて安心して過ごすことが出来るようになってきました。

16日のこいのぼり揚げでは歌を元気に歌ったり紙芝居を楽しみながら見ていました。
保育士が子ども達の頭の上を泳がせてみせると、一生懸命、手を伸ばし触ろうとしていました。
風に泳ぐこいのぼりのように子ども達が元気にすくすく大きく成長していける様に見守っていきたいと思います。

すずらん組 2019年4月